一年でいちばん寒い時期だから。

この時期の手仕事といえば、味噌づくり。
手作り味噌は、できあがった後も生きていますので、ゆっくりと発酵が進み、味が変わってきます。
3年以上寝かせた味噌は、薬効が出てくるといわれています。


根津の谷では、今年も手作り味噌の原材料を予約販売しています。

すべて予約販売・数量限定です


生麹は生きていますし、製造に時間がかかります。味噌作りのために、小野崎麹店のおいしい麹をお取り寄せしています。
麹屋さんの麹はうまみが違います。冷蔵で1ヶ月持ちます。

大豆は、北海道十勝の平譯さんのおいしい大豆。
平譯さんは20年以上農薬に頼らず、豆を作っています。すぐには収穫せず、さやの中で太陽と風に当てて完全に乾燥させるので、ふくよかな甘みがあり、生命力がでています。

煮大豆は、やさか共同農場の有機大豆です。湯煎であたためて、つぶすだけですので、初心者でも簡単に味噌が作れます。

*有機生麹もお取り寄せできます。スタッフまでおたずねください。

麹と大豆の価格

  • 玄米麹   1kg   ¥1,565
  • 米麹    1kg   ¥1,344
  • 麦麹     1kg   ¥1,565
  • 大豆     1kg     ¥820
  • 有機煮大豆  1kg   ¥1,254
  • 黒豆    500g     ¥798

価格は税抜きです。


お渡し日

ご注文〆切日お渡し日 どちらかの日をお選びください
1/24(木)2/5(火)or 2/7(木)
1/31(木)2/12(火)or 2/14(木)
2/7(木)2/19(火)or 2/21(木)
2/14(木)2/26(火)or 2/28(木)


これ以降は状況に応じて、対応させていただきます。
欠品の場合もございますので、日にちに余裕をもってご注文くださると助かります。

我が家の味の作り方


基本の配合 大豆(乾燥)1:麹1:塩0.5


これで作り、半年後に食べてみて、次の年の配合を決めます。
 豆の味を出したい → 豆多めに
 うまみを出したい → 麹多めに
 減塩したい → 塩を0.4に(ただしカビが発生しやすくなります)
 深みのある味にしたい → 玄米麹にする
 軽い味噌にしたい → 麦麹にする
 甘い味噌にしたい → 麦麹にする

配合や麹の組み合わせは、ほぼ無限。
そして、それぞれの家にいる常在菌で、味噌の味が変わります。
毎年、少しずつ変えて、我が家の味を作りあげてください。

変わり味噌


普通の味噌じゃつまらない、という方には、変わり味噌がおすすめです。
黒大豆、青大豆は、同じ大豆の仲間ですから、おいしい味噌ができます。
ひよこ豆もあまり変わらない味噌になります。

小豆、レンズ豆、キドニービーンズ、青えんどう、赤えんどう、白えんどう、手亡、金時豆、虎豆、花豆、緑豆なども味噌になります。
ぜひお試しを!